So-net無料ブログ作成

最強の地方創生 [読書]

三橋貴明氏の最強の地方創生を読みました。
国民が経済的に豊かになる事を、マクロ的には、実質GDPの成長率が上げる事、ミクロ的には、実質賃金が上げる事と改めて説明し、それをどうしたら実現出来るのかを説明しています。

s_FullSizeRender 2.jpg

題名の通り、地方再生についても学ぶ事は多かったのですが、経済の基礎知識においても、そんな事しっていると思いがちな内容をわかりやすく、かつ本質をついた形で説明を行っており、勉強になりました。

地方創生をするためには、新幹線を初めとするインフラ設備を政府がお金を出してもっと積極的に行なうべきという主張です。理由はたくさんあります。

・少子化にも繋がっている東京の人口集中が続いており、自然災害大国の日本では、政府機能や人口を全国に分散化させる事が大切。

・総人口よりも生産労働人口の減少率の方が高く、日本は間違いなく人手不足になる、というかなっている。その問題に対しては、移民受け入れを増やして対応するのではなく、インフラ設備投資を通じて、一人当たりの生産性を増やし、その結果として、日本国民の実質賃金を増やす事が重要。

・現在、日本は、デフレ状態で、国内の需要を増やす事が必要であり、なおかつ、お金を借りるコストが超低いこの状況で財政支出を増やさないというならいつ増やすのかという話。

リフレ派が主張する様に、デフレは貨幣現象であり、中央銀行である日銀がインフレ目標に対して、強いコミットをして、国債を買い取って、お金を増やすだけでデフレが解消されるならばそれでよかったのです。

しかし、残念ながら現実はそうなっていないため、金融政策に頼るだけでなく、財政政策で支出を増やして総需要の不足をどうにかしないと日本のデフレはすぐに解消されない様子です。

まぁ、生産労働人口が急激に減っているので、移民を増やさなければそのうち自然と日本はデフレを脱却するのではないかと思っていますが。


スポンサードリンク





本の内容から離れてしまいますが、三橋貴明氏がよく問題視する「クニノシャッキンガー」の問題も日本の大きな問題だと私も感じています。

政府の負債を国の借金という言葉で説明し、一人当たりの国の借金がまた増えました。だから日本の財政は大変なんです、増税しましょうとメディアで流されるわけですが、意味不明です。国民は日本国債の債権者であって、債務者ではないです。

その上、中央銀行であり、政府の子会社でもある日本銀行がもの凄い勢いで国債を買い取っている為、そのやり方が良いか悪いかは別として、連結ベースで考えれば実質的な政府の負債はかなり減ってきています。

そもそも、自国通貨建てでしか発行しておらず、金利が上昇していない日本国債がデフォルトするのかという話です。

日本の未来を悲観している人が非常に多いですが、今正しい選択をすれば、日本の将来は結構明るいのではないかと私は信じています。逆に、今が復活するラストチャンスな気もしますが。

思った事をつらつらと書いてしまいましたが、日本の国民がこれからどうしたら経済的に豊かになれるのか、経済的に豊かになるとはどういう事なのかを知りたい人にオススメの本でした。


スポンサードリンク




nice!(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

スーパーストック発掘法 3万時間のトレード術を3時間で知る [読書]

スーパーストック発掘法 3万時間のトレード術を3時間で知るという本を読みました。
ファンダメンタルとテクニカル分析両方を利用して、何倍にもなる株を見つける方法について、ジェシースタインという著者の方が長い投資経験の中から学んだ事を共有しています。

s_IMG_5880.JPG

具体的なトレードのシステムを説明しているというよりは、著者が気が付いた点や株の購入時に根拠にする事を沢山ならべたという印象です。

メディアが大々的に取り上げる逆を行けやインサイダーが買っている株を買えなど、説得力の高い説明も多くありました。

しかし、高いリターンを得るためには、やはりそれなりに高いリスクを取る必要があります。

本の中では、株の買いタイミングだけでなく、売りタイミングについても説明しており、出来る限りリスクを低く、高いリターンを得ようと努力しているのは良く分かりますが、それでも個人的にはこの本の戦略をメインにする事はとても出来ません。

それでも、新しく学んだ事は少なくはないので、読む価値は十分にありました。ハイリスク、ハイリターンな投資法を探している人にオススメです。




スポンサードリンク




nice!(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「儲かる会社」の財務諸表 [読書]

「儲かる会社」の財務諸表(48の実例で身につく経営力・会計力)という本を読みました。業界毎に日本の有名な会社を例にして、財務諸表を使って企業の特徴や、強み、弱み、将来性等が書かれた本です。

s_IMG_5820.JPG

大枠として、エレクトロニクス・IT、自動車、小売、製薬、住宅・インフラの5つの業界について説明されています。説明が非常に簡潔かつ正確なので、とても読みやすい本です。

しかし、本のタイトルからして財務諸表の読み方が身につくことを期待するかも知れませんが、個人的にはその点においては、あまり学ぶことがありませんでした。

各企業の財務諸表は紹介されているのですが、それをざっくり説明したら、次の企業という流れなので、会計面での深い知識はあまり得られません。

それよりも、各企業の業績や業界の現状分析が素晴らしく、今後の課題や見通しも非常にわかりやすく説得力がありました。

なので、財務知識を増やそうとしている人よりも、現在の企業、業界分析をしたい人や、新しいビジネスアイディアが欲しい人、経営力を伸ばしたい人等にオススメな本でした。





スポンサードリンク




nice!(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

欲望と幻想の市場 [読書]

欲望と幻想の市場-伝説の投機王リバモアを読みました。言わずと知れた、ジェシー・ローリストン・リバモア氏をテーマに書かれた小説です。

s_IMG_5807.JPG

実際は、エドウィン・フェーブル氏が書いた物で、原書の主人公の名前は、ラリーリビングストンという名前だそうですが、あまりにも心情の描写等が生々しくて、普通に読んでいるとジェシーリバモア氏が書いた自伝の様に感じてしまいます。(日本語版では、主人公の名前はジェシーリバモアとなっている。)

原書は1923年に書かれた古いもので、そんなに古い本を読んで、現代の投資に役に立つのかと思うかも知れませんが、私は非常に役に立つと感じました。

むしろ、100年近くも時代が離れている作品だからこそ、時代によって変わってしまう相場の側面と時代によって変わらない相場を動かす人の心情や相場の本質を鮮明に映し出します。

語られる内容は当たり前の様に感じるかもしれませんが、だからこそ決して忘れてはならない事なのだと思います。例えをいくつか紹介します。

・個別銘柄を扱う時でも、マーケット全体のコンディションを常に確認せよ。
・同じセクターの中で、動きが違う、鈍い銘柄はないか。それらに注目せよ。
・買い占めるのには高すぎるということはないし、売り始めるのに安すぎるということはない。
・相場は最弱抵抗線の方へ動くので、抵抗線の強さを常に監視する。

破産と驚異的な復活を繰り返した伝説的なリバモア氏は、結局1940年に自分の人生は失敗だったと書き残して、ピストル自殺をして生涯の幕を閉じます。

投機には、抗い難い魅力がある反面、一歩間違えれば人生を破滅に追いやる恐ろしさをはらんでいます。なので、投機に命をかける自信がない普通の人は、長期分散投資でコツコツと稼ぐのが一番良いのではないかと感じます。







スポンサードリンク




nice!(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

確定拠出年金の教科書 [読書]

確定拠出年金の教科書という本を読みました。
2017年1月1日からの法改正により、20歳以上のほぼ全ての人が確定拠出年金を利用出来る様になる事もあり、全体像を理解する為にこの本を買ってみました。
s_IMG_5711.JPG

教科書と言っているだけの事はあり、確定拠出年金に関わる事柄を網羅的にカバーしており、確定拠出年金のメリットから具体的な銘柄選択方法や各種手続きのやり方まで書いてあります。

著者が安定の山崎元氏で、正確、簡潔、誠実な文章を用いて、ややこしい内容を分かりやすく説明してくれます。


スポンサードリンク





確定拠出年金では、掛け金が全額非課税になり、所得税、住民税を減らす事が出来る上に、運用中の利益にかかる税金も非課税、更に、老後に給付を受ける時も税金の控除があり、かなり有利な条件が揃っています。

個人的には、現状、中途半端な使い勝手のNISAよりもずいぶんとシンプルかつ確実にメリットを享受出来る仕組みだと感じました。

確定拠出年金で利用すべき商品は、自分の投資戦略全体から導きだします。基本的には、NISAで国内株式のインデックスETF(TOPIX連動型ETF)を買い、確定拠出年金では、海外株式のインデックスファンドを選び、調整は、普通の証券口座で行うという形です。著者の推奨するリスク資産のアセットアロケーションは、国内株式50%,海外株式50%とシンプルなものです。

確定拠出年金のメリットを最大限に享受するために大切な事は、リスク資産(基本的に海外株式のインデックスファンド)にお金をおき、元本確保型や、バランス型、アクティブファンド等の商品を選ばず、とにかく運用管理手数料が高い商品を避ける事です。

米国ETFを使って資産運用をしている側からすると、日本の多くの投資信託にかかる運用管理手数料は高すぎて悪い冗談にしか見えません。

山崎元氏が客員研究員を務める楽天証券の確定拠出年金のラインアップを確認してみると、意外と使いたい海外株式のインデックスファンドがなくて、少々残念でした。

確定拠出年金を利用されていない方は、老後のために、確定拠出年金の利用を考えてみてはいかがでしょうか。





スポンサードリンク




nice!(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ブラックビーナス [読書]

昨日は、ブラックビーナスという小説を読みました。
私は小説をあまり読まないのですが、主人公が投資の天才という設定に惹かれて読んでみました。2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作だそうです。

s_IMG_5680.JPG

本のあらすじとしては、都市伝説として語られる株の天才、黒女神。彼女は困った人を株式投資で助け、クライアントが要望するお金を幾らでも稼いでくれる。それをひょんな事から関わる事になった一人の男が彼女の助手となり、様々な人を助けていく。そして、最終的には、国家を揺るがす経済問題と対峙する。

正直、期待していたよりも面白かったです。キャラ立ちもしっかりしていて、話の展開も無駄な所が無く、一気に読めてしまいます。

特に文章が非常にイメージしやすい文体で、読みながら頭の中に映像がずっと浮かんでいました。


そういえば、よく本を読んでいて、ブログを見ているとあんまり勉強していない様に見えるかもしれませんが、私は速読がある程度出来るので、隙間時間を利用してMBAに支障がない範囲で読んでいます。

ちなみに趣味で読む本は日本語のものばかりですが、これらは全てAmazonで注文して届けてもらっています。Amazon様々です笑





スポンサードリンク







nice!(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

仕手の現場の仕掛け人 真実の告白 [読書]

昨日は仕手の現場の仕掛け人 真実の告白という本を読みました。


s_IMG_5655.JPG

タイトルからすると仕手筋の人が色々と告白していそうに見えますが、著者は色々な金融機関で働いて、仕手筋の人たちを身近で見てきた人だそうです。

株式市場の仕手戦で一山当てようとした人たちの戦略や時代毎の情勢が描かれています。ファンドマネジャーや営業マンの生々しい接待話なんかも書いてありました。

結局、著者のアドバイスは、仕手株には手を出すなというシンプルなものです。

なぜか、いたるところで堀江貴文氏を貶しているのですが、そこらへんの著者の主張はしっくりきませんでした。

自分の取引スタイルに影響を及ぼす情報は特にありませんでしたが、株式市場の今まで知らなかった一面を知る事が出来たので、読む価値は十分ありました。





スポンサードリンク




nice!(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

善と悪の経済学 [読書]

今週は善と悪の経済学という本を読みました。
チェコの経済学者が現代の主流派経済学を批判する内容です。経済学を振り返る為に、神話や宗教といったユニークな観点を用いていて、考えたこともなかった内容が盛りだくさんでした。
s_IMG_5641.JPG

自分が特に興味のあった内容をまとめてみます。

経済学を神話の中に見出し、実は現代の主流派経済学も実は非現実的な仮定を利用する神話なのだと著者は主張する。現代の主流派経済学は物理学に似て、数字を重視する。数字は客観的で便利なのだが、経済学で取り扱うはずの倫理など計算で答えの出せない重要な事柄を置き去りにしてしまっている。

現代の主流派経済学では非現実的な仮定を用いているせいで、計算上意味のある結論がだせても、実際の現実世界には役に立たないものばかり生み出している。現代の主流派経済学はいわば砂上の楼閣であり、現実の経済問題に対して正しく対応出来ない。

また、現在の資本主義では、成長の為の成長が至上命題になっている。人類史上最も豊かな現代の人々を見れば、成長による更なる豊かさで人々の幸せが増加するとは考えられない。人々がより幸せになる為に、成長は本当に必要なのかと考える必要がある。

ではどうすれば良いのかというと、答えは簡単にだせないわけですけれども、当たり前と受け入れている既存の考えをまずは疑う事が大切なのではないでしょうか。




スポンサードリンク





nice!(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

相場心理分析(規律とトレーダー/ゾーン) [読書]

今週は投資に関する本を2冊読みました。どちらも投資のテクニックについては全く書かれておらず、自分の考え方を整えて、相場で勝てる様になる事を目的としています。どちらもマーク・ダグラス氏が書いた本で、内容はかなり似ています。

s_IMG_5318.JPG


スポンサードリンク





ためになったと思う点をいくつか書きます。
・損が出てもマーケットのせいにしない。全ては自分の責任である。マーケットは常に中立であり、正しいので、自分が損をだした時に、マーケットが自分に不利に動いていると感じたり、マーケットの動き方が間違っているとは考えない。

・損が出るのは当たり前で、損を出す事を恐れてはいけない。損を出す事を恐れると正しいタイミングであってもマーケットに入るのを躊躇ってしまう。自分が正しいと証明する事にやっきになるのではなく、お金を稼ぐ事にフォーカスする。

・恐怖心があると、自分が恐怖している事態を結果的に招いてしまう。何か起きて欲しくないと恐怖すると、それが起きそうだというシグナルをマーケットが発しても、自分の考えと外界の認知的不協和を解消する為に、そのシグナルを無視するか湾曲して捉えてしまい、客観的にマーケットを認識出来なくなり、結果、最も避けたかった事態を自ら招いてしまう様になる。

個人的には、規律とトレーダーの方がゾーンよりも読みやすかったです。また、内容の重複が多いため、1冊読めば十分著者の考え方を理解出来ると思います。

投資をこれから始める人よりは、投資を既に行っていてある程度痛い目に会った事がある人の方が学びが多く、納得出来る本だと思います。



規律とトレーダー 相場心理分析入門 (ウィザードブックシリーズ)
単行本: 325ページ
出版社: パンローリング (2007/1/16)
発売日: 2007/1/16



ゾーン — 相場心理学入門
単行本: 334ページ
出版社: パンローリング; 第1版 (2002/3/13)
発売日: 2002/3/13



スポンサードリンク




nice!(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。