So-net無料ブログ作成
検索選択

TOEFL iBT 休憩の使い方と点数獲得スケジュール [TOEFL]

今日もTOEFLについて、TOEFLを自分が受けていた頃に思った事を書きたいと思います。
TOEFL iBTでは、リーディング、リスニングを二時間強行った後に、10分の休憩を挟み、スピーキング、ライティングを行います。

なので、四時間を超えるテストで10分しか休憩時間がないのです。

日本語でだってテストを四時間も受けたら疲れるのに、それを英語でやると終わった後はヘトヘトです。

受け始めた頃は、休憩中もトイレに行くだけで特に何も食べていなかったのですが、そうするとどこかのタイミングで頭の回転が遅くなり始めました。

脳の活動源は、糖分だから糖分を取ろうと、テスト開始前と休憩中にチョコレートやぶどう糖(文字通り、ブドウ糖を取る為のものです)を食べる様になりました。

そうすると以前よりもテスト中に集中力が切れる事が減り、点数が上がる様になった為、その後はテストを受けるときは、必ずテスト前と休憩中に糖分を摂取する様になりました。

TOEFLに限らず、長時間のテストを受ける人はテスト前と休憩時の糖分摂取を試してみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク





TOEFLの点数の目標として、60点、80点、100点というのがメジャーな目標点だと思います。それは、この点数をラインとしている条件やカリキュラムが多いからだと思います。(もちろん、それ以外の目標を掲げている人も沢山いると思います。)

これから私が伝えたい事は、60点から80点へのステップアップと、80点から100点へのステップアップは大変さが全然違うので、100点越えを目標にしている人は、それを見込んで点数向上の計画を立てた方が良いという話です。

私の経験として、初めてのTOEFLで取った点数が55点。それから1年程TOEFLを継続的に受け続け、自分の中で目標だった100点を超え、点数が目標を超えた後もTOEFLは何度か受け続けました。

私が55点を取ってから、100点までのスケジュールを立てようとした時に、ざっくりと60点から80点への上昇と80点から100点への上昇に同じ様な期間設定をしていました。同じ20点だからそんなもんだろうとすごく安易に考えていました。

60点を取ってから、80点までは計画よりも早く2ヶ月で達成出来ました。その時の私は、これなら100点ももうすぐだなと考えていました。

80点を超えた後も90点前半までは順調に点数を上げる事が出来ました。しかし、私の場合はそこからが長かったです。

90点前半と後半を行ったり来たりしながら、100点になかなか届かず、もがき苦しんでいました。もうそろそろ取らないとMBA留学のスケジュールがまずいと焦りながら、とにかくTOEFLを継続的に受けていました。

結果として、80点を取ってから100点を超えるまで、私は10ヶ月もかかってしまい、完全に想定外でした。当初の計画では、TOEFLで点数をとってから、他の留学準備を始める予定でしたが、途中からは、TOEFLと並行して、GMAT、推薦状、エッセイの準備もしなければならなくなり、てんてこ舞いでした。

なぜこの点数増加のスローダウンが起きるかというと、TOEFLを受け始めた頃は、英語力の向上が無くても、TOEFLへの慣れと対策だけで点数をぐんぐん上げる事が可能です。

しかし、テクニックで補える範囲をあらかたマスターすると、そこからは当然、自力の英語力を上げないとどうにもならないためです。そして、英語力を底上げするには単語力の強化を含め、短期で実現するのは難しいものです。

私の場合、その壁が90点前半にあって、そこで点数がパタリと止まってしました。

その壁はその人の英語力で当然変わります。留学経験があり、英語が出来て100点越えまで止まらずスイスイ行ってしまう人もいれば、80点で点数が頭打ちになる人もいると思います。

いずれにせよ、目標点を達成する前に、この壁にぶつかりそうな人は、壁にぶつかる前の点数増加スピードで、その後も点数が伸びていく可能性は低いという事です。

少し違う視点でみると、TOEFL iBTでは、満点が120点なので、60点だと50%、80点だと約66%、100点だと約83%の点数が必要です。

そして、50%から66%への16%Upより、66%から83%への17%の方が格段に難しいという事です。これはTOEFLに限らず、どんなテストでも、点数が上がる程、同じ点数を上げるのが難しくなるという事です。

私は、安易な点数獲得スケジュールを立てたが為に、途中で急にスケジュールが狂い、焦って非常に苦しみました。

TOEFLでこれから目標点を取ろうとする人には、同じ焦りを味わって欲しくないです。

なので、途中でスピードダウンが起こりそうだと感じる人は、その可能性を初めから頭に入れてスケジュールを立てて、無事に目標点を達成して欲しいと思います。


スポンサードリンク







nice!(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

TOEFL iBT リスニング シャドーイング作戦 [TOEFL]

今日は、TOEFLリスニングパートについて書きたいと思います。
リスニングパートでは、数分会話やレクチャーが流れてきて、それをリスニングし、後からその会話やレクチャーに関する問題が画面に出てきてそれに答えていきます。

TOEFLを受け始めた人で、どうやって話の内容をメモすれば良いのか、そもそもメモを取るべきなのかと悩む人は少なくないと思います。実際、私も初めはスタイルが定まりませんでした。

留学経験もなく、ただでさえリスニング力が乏しい私は、メモをつらつらと書いているとその間の会話やレクチャーの内容が頭に入ってこず、そこに問題の大切な答えがあったりすると、問題を見て初めてそんな事も話していたんだと気が付いたりしていました。


スポンサードリンク





そこで、不器用な私は逆にメモを取るのを一切諦めてリスニングに集中して、会話やレクチャーを全てシャドーイングする作戦を取るようになりました。

シャドーイングというのは、聞いた内容を聞いた直ぐ後に自分で話してみる事です。

シャドーイングをTOEFLの練習の為に行う人は少なくないと思いますが、それをTOEFLiBTのテスト本番でもやるわけです。

この作戦は、私に合った様で、その後大体27点前後の点数を安定して取れる様になりました。(しかし、満点の30点は一回も取った事ないです。。)

具体的には、会話やレクチャーに少し遅れて全ての内容を自分でもボソボソと口元で話そうとします。もちろん周りの人達に迷惑をかけてはいけませんので、声が出ているか出ていないか分からない程度で話します。

知らない単語や聞き取れなかった場所は全く気にしないです。とにかく自分の出来る限り聞いた音をそのまま話そうを集中します。

私が思うにこの作戦が機能するであろうポイント(理由)は2つあります。

1つは、話そうとする事で、脳の中でリスニングに対応する場所だけでなく、スピーキングに対応する場所も刺激する事です。(ボソボソと話すだけですが、それをやる為には、スピーキングに対応する場所も活用していると思います。)

これは、TOEFLの某大手予備校に通っていた時、ある講師の方から頂いたアドバイスが元になっています。

それは、リーディングをする時、文章を声に出してみる事で、脳の中でリーディングに対応する部分だけでなく、スピーキングの部分、更に自分の英語を聞くリスニングの部分も刺激出来て、三倍速で英語の学習出来るという話です。

その講師の方は、科学的な裏付けもあるとおっしゃっていました。なので、私は複数の刺激があると学習効率が上がり、記憶の定着も安定するのではないだろうかと考えました。また、個人的に実践した限りではこの考え方は正しい様に感じます。

私は文章だけでなく、英単語の暗記も自分で口にして覚えていました。恐らく英語以外の学習でも口にして覚える学習法は機能するのではないかと思います。


スポンサードリンク





2つ目のポイントは、脳の負荷量を上げるという事です。

まだ作戦が定まっていなかった時、単純にメモ取りをやめて、リスニングに集中しようとした事がありました。リスニング力が乏しいので、リスニングをするだけでもキャパオーバーなのですが、不思議とリスニングだけをしているとふと全然関係の無い事を考えてしまったり、気が散ってしまう事が私はよくありました。(あっ今の所なんて言っていたんだろう、リーディングであそこ多分間違えたなぁ等)

しかし、リスニングとシャドーイングをする事で、脳の処理量をフルに使う事で、そういう気のそれる事がなくなりました。話を聞きながら、それを話しながら、それ以外の事を考えるは、逆に結構難しいものです。

メモ取りでも同様の効果はあると思いますが、メモは聞いている最中ずっと取り続けるわけではないので、雑念が入り込む余地があります。

もしかしたら、私が単純に雑念の塊で普通の人はそんなに他の事をリスニング中に考えたりしないのかもしれませんが笑


私個人的には、上記のポイント2点が働いて、リスニングの点数向上につながったのではないかと思います。

この作戦を他の人に説明すると、そんな方法でいざ問題が出てきた時に内容を覚えているのかとよく聞かれました。

感覚を言葉で説明するのは難しいですが、問題とその選択肢を見ると、大体ああ、これについて話していたなとパッと答えが分かります。逆にパッとでてこない時は、時間をかけて思い出そうとしても無駄なので、すぐに次の問題に移ります。

また、その通っていたTOEFL予備校の講師の方にもこの作戦を話してみると、帰国子女や留学経験がある人以外で、それだけ点数がメモなしで安定しているという話はあまり聞かないと仰っていました。

なので、この作戦はマイナーで、万人にフィットするものではないのかも知れませんが、TOEFLのリスニングセクションの点数が伸び悩んでいる人、作戦がまだ定まっていない人は一回試してみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク





nice!(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

TOEIC と TOEFL [TOEFL]

英語の試験というと、一般的に日本ではTOEICを思い浮かべる人が多いと思います。しかし、アメリカ留学する為には、TOEFLというテストで条件となる点数を取る必要があります。(IELTSでも可の所が多いです。)

最近は外務省の入省基準にTOEFL (iBT)100点が導入されたり、大学受験で役立てようとしたり、何かとTOEFLの存在感が高まって来ている感じがします。実際、TOEFLは世界的に認知されていますが、TOEICの知名度は低いです。


スポンサードリンク





一般的なTOEICでは、リスニングリーディングしか問われませんが、TOEFLでは、リスニングとリーディングに加え、スピーキングとライティングも行います。ですから、TOEFLの方がより総合的な英語力を評価出来ると言って間違いないでしょう。

では、これから英語を勉強する人はみんなTOEFLを勉強し始めるべきかというと、私はそうではないと思います。私はまず初めにTOEICの勉強を始めて、800点程度の点数を取ってからTOEFLに移行するべきだと思います。理由は2つあります。

1.TOEFLの受験料は225ドルで、今のドル円相場だと23,000程度でかなりお高いです。一方、TOEICは6,000円程度でTOEFLと比べると安いです。そのため、自分の英語力を確認するために、TOEFLの試験を定期的に受けるとTOEIC以上にお金がかかります。

2.TOEFLは難易度が高く、英語力がほとんど無い状態で受けてもあまり意味がないと思います。ネットで検索するとTOEFLとTOEICの換算表がいくつも出てきて、その中の多くの表で、
TOEIC 800 = TOEFL iBT 90
TOEIC 900 = TOEFL iBT100
等と書いてありますが、自分の経験からいうと全然違います。

MBA受験の準備を始める前に受けたTOEICが確か835点でしたが、その後受けたTOEFL(iBT)ではたったの55点でした。TOEFL iBTの満点は120点で海外MBAに出願するには、基本的に100点以上が必要なので、その点数を見た時は正直焦りました。実際TOEFL iBTで100点を取ったのはそれから約1年後です。

つまり、TOEICで800点程度を取れていないと、おそらくTOEFLでは歯が立たないですし、その状態でTOEFLを受けると自信がなくなってしまう可能性が高いです。ですので、TOEICである程度英語力をつけてから、TOEFLで腕試しをした方がコストパフォーマンスが良いですし、モチベーションも続くと思います。

私もそうですが、留学経験ゼロでTOEFLで高得点を取るには結構時間がかかると思うので、コンスタントに英語の勉強を継続するため、モチベーションを保つ事が重要です。


ちなみに、この記事の内容は英語がそんなに得意ではない人向けなので、英語が得意な人は初めからTOEFLを受けて、目標点を狙ってみて下さい。



スポンサードリンク





nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。