So-net無料ブログ作成
Full-time Global MBA ブログトップ
- | 次の10件

オリエンテーション [Full-time Global MBA]

Full-Time MBAが始まった初めの週には、オリエンテーションがありました。

オリエンテーションの中では、必須科目の教授紹介や学校のファシリティの使い方等が行われます。また、DiSCという自己の性格やチームメンバーとしての働き方を分析するサービスを使い、自分がどのような強みや弱みを持っているのか、どのようなタイプの人と働きやすいのか、そして、一緒に働き辛いとされるタイプの人達とはどのように接すれば良いのかを知る事が出来ます。


スポンサードリンク





その他に、初めのセメスターで組むグループメンバーが発表されます。このメンバーで初めのセメスターのグループワークは全て行うのでグループメンバーは非常に大切な人達です。基本的に人見知りな自分は周りのメンバーとうまくやっていけるか心配でしたが、ハワイ大学のMBAでは、困ったら助け合おうという意識を持っている人ばかりなので、過度に心配する必要はありません。

オリエンテーションの中では、このグループメンバーの絆を深めようと様々なアクティビティも用意されています。その一つに、説明が難しいのですが、結構高いジャングルジムの様な所で、命綱をつけて、グループでロープの上を歩くという作業を半日程行いました。高所恐怖症の自分にとっては、ずっと足が震えて、正直このMBAで一番恐ろしかった瞬間でした。一方で、その恐怖を一緒に乗り越える事でグループメンバーとの距離も縮まった感覚があり、このアクティビティの有用性も大きく感じました。


スポンサードリンク




nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

Full-Time Global MBAの出願/申請 [Full-time Global MBA]

ハワイ大学(Shidler)のFull-Time MBAの出願/申請内容について自分の体験をもとに説明したいと思います。特に入学試験がハワイ大学であるわけでなく、以下の条件を満たしている事が出願条件となります。

GPA:学部時のGPAは3.0以上あれば、特に問題ありません。

学部/学科:学科はビジネスやエコノミクスで無くても全く問題ありません。私自身、理学部物理学科出身ですが、全く問題視されませんでした。

職務経験:ウェブサイトでは2年以上の職務経験が必要と書いてあったりしますが、実際、正規の職務経験がないクラスメートは少数いますので、実際、職務経験が必須というわけではなさそうです。しかし、職務経験が無いと推薦状を取得するのに苦労したり、自分をアピールするのが難しいと思います。また、MBAが始まってからも、色々と課題で苦労する事になると思います。自分達のクラスでは、平均的な職務経験は約6年といったところです。


スポンサードリンク





GMAT:過去5年のGMATのスコアが必要です。ただ、私の学年のFull-Time MBAでは、GMATの平均点が587点とかなり低いので、例年600点以上とっていれば、心配する必要は無いかと思われます。また、Shidlerは最高得点のみを評価するそうなので、過去にかなり低い点数が入っていても心配ありません。

TOEFL/IELTS:留学生は、クラスについていけるだけの英語運用力がある事を証明するために、TOEFLかIELTSである程度の点数を取る必要があります。Shidlerのウェブサイトによると、各テストのminimumスコアは、

TOEFL PBT 600
TOEFL CBT 250
TOEFL iBT 100
IELTS 7

となっています。私は、TOEFL iBTで100点以上が取れたので、それで出願しました。ここでウェブサイトには書かれてい無い大切な点があります。実は、上記の最低点を取っていなくても、Full-Time MBAに合格する事が出来ます。私が出願した時は、最低点をとっていなくては絶対に合格出来無いものだと思っていたのですが、実際入ってみると、TOEFL iBTの点数が100点以下の人がクラスに何人かいました。(そういう人達は、Full-Time MBAと並行して、1年目はELSのクラスも取らなければなりませんが。)
つまり、もし、TOEFLやIELTSの点数がこの最低点に達していなかったとしても、そこで諦めずに出願すれば普通に合格する可能性があります。とはいえ、Full-Time MBAが始まったら、当然全てのクラス/課題を英語でネイティヴスピーカー達と一緒に進めていかなければならないので、入学前に英語力を出来る限り上げていく事をお勧めします。

エッセイ: 私の時は、400-600wordsのテーマが3つありました。テーマの内容自体は、典型的な内容なので、もし他のMBAの出願準備をしている方であれば、内容の流用が出来て、労力が少なく済むと思います。
1. 自分のリーダーとして最も重要な3つのバリューとは?
2.今まで経験した中で、最も困難だった状況は、またどう対応し、そこから何を学んだか?
3.今日までのキャリアパスを評価し、将来のキャリアとShidlerのMBAを取得するモチベーションについて述べよ。

推薦状:2人からの推薦状が必要となります。出来れば両方仕事の関係者(上司や元上司)が良いのではないかと思います。

その他提出物:大学の成績証書(卒業証書)、履歴書(1,2ページ)

留学生の出願締め切りは例年3月1日なので、ここまでに出願を完了させる事を目標にしてください。正直、小さなビジネススクールで皆さん親切なので、締め切りが終わった後でも連絡すれば個別対応してくれるかもしれません。

出願のステップ
1.Shidlerのウェブサイトで、Graduate Admissions Applicaiton と$100を提出する。
2.エッセイと成績証明書(多分卒業証明書も)、履歴書を提出する。
3.2通の推薦状を提出してもらう。
4.GMAT/TOEFLのスコアを提出する。
5.Confidential Financial Statementを提出する。これは、卒業するために十分なお金があるかを確かめるものです。

この後、書類選考に通ったら、面接に呼ばれます。私は早く面接をしたかったので、スカイブで面接しましたが、ハワイまで行って行うのが一般的だと思います。1回の面接後、合否連絡が来るのが一般的な流れだとおもいます。私は運良く面接中に合格ですと言ってもらえました。

日本の出願制度と大きく異なり、面倒くさいと感じるかもしれませんが、実際のハワイ大学(Shidler)でのFull-Time MBAの経験には、それだけ努力する価値があると私は個人的には感じています。


スポンサードリンク




nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

Full-time Global MBAのクラス構成 [Full-time Global MBA]

ShidlerのFull-time Global MBAの1学年は、毎年約30人と一般的なビジネススクールと比べると少数です。それゆえ、クラスメートと直ぐに仲良くなれますし、教授も一人ひとりを覚えてくれ、個別の質問対応もしっかり行ってくれます。

Work Experienceは平均で6年程度ですが、職務経験が必須なわけでもなく、学部からそのまま来る生徒も少しいます。しかし、個人的には、職務経験を積んでからMBAに参加した方が何かと良いと思います。学んだ知識がどういう場面で役に立つのかイメージしやすいですし、課題も仕事の経験が無いと非常に苦労するものが多くあります。

学部時のGPA平均は3.3で、3.0を越えていれば問題無いと思います。ちなみに、このFull-time Global MBAでは、累積GPAを各セメスター終わりに3.0以上にしておかないと退学になってしまいます。とはいっても、真面目に予習を行い、クラス活動に参加し、課題を終わらせれば、3.0を切る事は無いと思います。(私達の学年は、色々と事情がある人がおおく、1年目の終わりには、2割程のクラスメートがFull-time Global MBAコースをやめましたが。)


スポンサードリンク





かくいう私も、留学前や、初めのセメスターでは退学せずに卒業出来るのか戦々恐々としていました。

しかし結局、MBAのクラスでは、英語力は大きな判断基準ではなく、何を主張しているのか、その根拠は何なのかという事が最も大切なので、私の様に英語力が乏しい留学生でも好成績を取る事は可能です。

また、クラスの男女比率は、男性7割、女性3割といったバランスです。国際留学生は約3割で、例えば、入学時、私のクラスでは、ロシア出身3人、モンゴル出身、ブータン出身、イスラエル出身、コロンビア出身、タイ出身、カナダ出身、中国出身、日本出身(自分)の留学生がいました。ローカルのハワイアンが3割、アメリカのメインランドから約4割のクラスメートが来ていて、ミリタリー出身の人もクラス内に1割程います。

学部的には、元々ビジネスを専攻していた人が約4割、エコノミクスが2割、その他といった状況です。だからといってビジネスの知識が事前に必須なわけでもないですし、私自身物理学科出身ですが、なんとかやれています。入学前にグロービスのMBAシリーズを一通り買って、読んだ知識が結構役に立ちました。特にファイナンスとアカウンティングは重要です。





個人的には、多彩なバックグラウンドを持ったクラスメート達でバランスの良いクラス構成だと思います。


スポンサードリンク




nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
- | 次の10件 Full-time Global MBA ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。