So-net無料ブログ作成

Accounting for Decision Making [必修クラス(Required class)]

必修クラスであるAccounting for Decision Makingについて説明します。
このクラスは、入学初めの秋セメスターに受ける授業で、3クレジットのクラスです。教科書はFinancial &Managerial Accountingでした。

s_IMG_5746.JPG

このクラスでは、会計の基本内容を学ぶ事ができ、企業の会計方法や会計ルールについて勉強して行きます。

授業内容は、ほぼ全てレクチャーで毎週予習してきた範囲をおさらいしていく流れです。なので、予習の時点で内容の理解度を高めておく事が、このクラスで苦労しないポイントです。


スポンサードリンク





エンロンやワールドコム、タイコ等の会計操作やリーマンショックの原因等を調べて、レポートを提出しました。このレポートを作る前は、面倒くさいと思っていましたが、いざやってみると、企業の不正の方法や傾向、金融危機の背景にある構造を理解出来て、非常にためになりました。

グループプロジェクトは2つあり、1つは、会社の財務状況を分析するプロジェクトで、大きな企業を対象とします。私達のグループは、スポーツウェアのアンダーアーマーという会社を対象に行いました。

もう1つのプロジェクトは、企業の役員に直接ヒアリングを行い、その企業の会計制度を把握し、改善点を含めてまとめるプロジェクトでした。私達はCPBというハワイの銀行を担当しました。

中間試験と期末試験では、教科書の内容をベースとした簡単な内容の問題が出てきます。また、1枚紙を持ち込み可能なので、どちらの試験の際も、表裏びっしり内容を書いて持って行きました。
s_IMG_5747.JPG

みんな何かしらソフトウェアを使って1枚紙を作っていて、手書きの紙を持っていっていたのは私だけでした。また、みっちり勉強したせいで、中間、期末試験それぞれ、クラスで一人だけ満点でした。(教授が点数一覧を公表したので分かりました。)

この頃から、MBAのクラスでガリ勉君ポジションが確立され始めました笑


スポンサードリンク




nice!(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 19

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。